交通事故問題

よくある相談ケース

交通事故に遭った方は、自分が今後なにをすればよいのかわからない…という方がほとんどです。ご相談された方には、病院できちんと検査を受けるなど、今後の流れをきちんと説明させていただいています。
保険会社からの示談金の金額が相当なのか、保険会社から治療費を打ち切られたが通院はやめるべきかなどの相談も多いです。

このようなケースは、弁護士が介入することでほとんどが解決します。また治療後に認定された後遺障害等級に納得がいかないという話もよくあります。これも医師などと相談することで見直しできる場合がありますので、ご相談いただければと思います。

弁護士へ依頼するメリット

交通事故に遭うと、通常保険会社から治療費などの保険金が支払われます。
治療が終わった時点で損害が確定し、支払われるのですが、保険会社が提示してくる金額は裁判をすればもらえる金額よりも低額であることがほとんどです。
また治療途中にも関わらず、保険会社に完治とみなされ、通院費などが支払われなくなる場合もあります。

保険会社も企業のため、自社の利益を得るために高い値段は提示しません。
依頼者に代わり弁護士が交渉することで、提示金額は増額され、治療期間も見直しされることがほとんどです。交通事故問題での保険会社との交渉は、弁護士に任せるのが絶対的に有利と言えるでしょう。

交通事故に遭ってしまった場合の対処

交通事故に遭った場合、まず病院できちんと検査・診断を受けることが大切です。
保険会社と示談金を交渉するとき、怪我の度合いや治療期間などを提示することが重要となってきます。

その際に治療していた怪我などが、事故によって負ったものだと証明するためには、事故直後の診断結果や通院していた記録があることが大切なのです。

保険会社の言われるままに話を進めてしまうと、損をするケースが非常に多いです。早い段階で弁護士に一度相談することをおすすめします。
また事故直後にもし余裕があれば、自分でも写真を撮る、目撃者を探しておくとその後に有利な場合があります。訴訟などになると、事故のあとに警察に言ったことが証言として採用されるので、発言には気をつけ、主張する部分はしっかりと伝えておきましょう。

示談・訴訟について

示談は上記でも述べたように、保険会社に支払われる金額を話し合いによって交渉していくものです。
訴訟につながる案件は、後遺症が重い、被害者が亡くなったなど、事故の重大性が高いものが多いです。裁判をすることで保険金が上がるため訴訟にするのです。また過失相殺の場合、過失の割合が示談では決まらず、裁判で争うことがあります。

訴訟では依頼者の方の要望に沿い話を進めていきますが、判決に行く前に依頼者にとって有利な条件で示談に持ちこむこともあります。
訴訟が長引けばいい結果を生む…という訳ではないためです。その部分の見極めには自信をもっておりますので、依頼者の方にとっていい結果がでるように進めさせていただきます。

報酬について 

項目

弁護士報酬・費用

相談料

初回相談無料

着手金

無料
任意保険の弁護士費用特約の利用が可能です。
お気軽にお問い合わせ下さい。

報酬金

21万円+賠償金の10%(消費税別)

実際に発生する弁護士報酬・費用に関してはご相談時に詳細をご説明いたします。 まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

メールでのお問い合わせはこちらから tel:03-5368-1233